糖尿病は食事や医療で治療│病気知らずホスピタル

医者

イベントに注意

看護師

年末年始は行事がたくさんあるので、糖尿病になりやすい時期だと言うこともできます。この時期にはパーティーや普段と違った料理を大量に食べることが多いので、つい食べ過ぎてしまう人が増えます。
ここで糖尿病にならないためにも食事のときに自分を厳しく律することが大切です。
この時期を無難に過ごすことができれば、その一年はある程度安心して過ごせますが油断は禁物です。
糖尿病などの生活習慣病にならないようにするためには、自分にただ厳しくするだけではいけないということも覚えておきましょう。例えば、飲み会だからたくさん食べることを考慮して、朝ごはんを食べないということです。確かに、朝ごはんを減らせば、その分夜ガッツリ食べても良いという考えになる人は多いのですが、その考えでは余計に脂肪が付きやすくなってしまうのです。
なぜこのようなことになるのかというと飲み会までの時間を空腹で我慢しなくてはいけなくなってしまうからです。そのためにもご飯を抜くのではなく、しっかり食べできるだけ空腹の状態を避けることが大切になるのです。また飲み会をしているときには、普段よりも豪華な食事が出てきて、自分の好きなものを頼むことが一般的です。そうなると高カロリーの食べ物ばかりを食べてしまうようになります。このような状態を避けるためにもヘルシーな食事も同時に注文し、糖尿病のリスクを減らすようにしましょう。また、お酒も食事と同じように糖尿病の原因になってしまうことがあるので、なるべくリミットを設けるようにしましょう。

成人病の改善

看護師

糖尿病とは現代社会の三大成人病とも呼ばれ、塩分や炭水化物の多い食事が主流になっているので自分に合わせた食生活をしっかり見つめなし、適度な運動で血糖を落とすのがとても大事と言うことみんなに知っていただきたい。

詳しくはこちら

病院とクリニック

看護師

糖尿病は自分だけでコントロールすることが難しいので、病院にサポートしてもらうことが大切なのです。そこでどんな病院にサポートしてもらうかがあなたの将来を大きく左右するのです。

詳しくはこちら

現れる症状は様々

看護師

糖尿病になってしまうと、身体がだるいと感じてしまうようになったり、手足がしびれるような感覚になってしまうことがあります。これらを改善するために、早めに医院への受診を受けてみると良いでしょう。

詳しくはこちら

血糖値を調整する

老人

糖尿病の症状を克服するためには、血糖値をコントロールしておくことが必要になります。糖分が含まれている食べ物の摂取を控えるといった低インシュリン生活を続けることで改善に繋がります。

詳しくはこちら